燃料消費をしやすい運転方法

パプリカ燃料消費をしやすい運転方法は数多く存在しており、これを毎回行っていると日本の

基準であるJC08モード燃費を大きく下回る場合があります。下記の3点が特に燃料消費

をしやすい運転操作です。

加速アクセルを強く踏み過ぎる加速は燃料消費の大多数を占めていますが、信号が青

になった時の急アクセル・高速道路やバイパスでの急加速が大量に燃料を消費しやすく

なっており、これが癖になっているとあっという間にガソリンのゲージが減っていき

ます。さらに、赤信号前での不適切な加速もガソリン消費を拡大させます。特に急い

でいる通勤・帰宅時に急加速をしやすくなる傾向があるので、5分前行動をして時間

にゆとりを持って移動するようにした方が良いでしょう。

エアコンを使いすぎる夏~秋になると25度以下に冷房を設定してエアコンを強いモード

で使う人がいますが、低温・強風で長時間使うとそれに比例してガソリンの消費が

増えてしまうので注意をしなければなりません。

アイドリングストップをする普通にエンジンをオンにしてアイドリングをしているだけ

でも、乗用車に限っては1時間で数十cc~数百ccのガソリンを消費していますので、

無用なアイドリングは控えなければなりません。

コメントは受け付けていません。