燃費を抑える走行方法

最近のガソリンといった燃料がとても高くなってきています。また省エネということ

もありかなり燃費を意識するようになってきました。

燃費を上げる方法はいろいろありますが、やはり燃費のいい運転を行うというのが

一番効果があります。

基本的に燃料はアクセルの踏み加減によって供給量が変わってきます。より踏み込めば

それだけ加速させようとするのでより多くのガソリンを消費してしまうことになります。

やはり燃費のいい運転を行う基本は一定速度を保って走行するということです。

街中の運転より高速道路のほうが燃費が伸びやすいのはそういった理由でもあります。

街中でできるだけ燃費を上げるには、まずアクセルを踏み込みすぎないことで、

発進時の加速はオートマチック車ならクリープ現象を利用してゆっくりと発進し、

スピードに応じて徐々に踏み込んでいくということです。

これだけで燃費はよくなります。さくらんぼ

そしてもう一つはできるだけ先を見越した運転をするということです。前が赤信号

なのでいつまでも加速状態で、ギリギリでブレーキをかけていてはとても燃費がわるく

なります。

一度ついたスピードを保ちながら止まる位置を見越してゆっくりと止まるということ

です。

これら急のつくような運転を避けることで燃費はあがります。

コメントは受け付けていません。