燃費を抑える発進方法

ガソリンの高騰が続いていおり、燃費の良い車が人気となっています。しかし、いくら

燃費の良い車を購入しても、走り方一つで燃費は大きく悪化してしまいます。燃費の

良い走り方と燃費の悪い走り方があるということです。最近の車には燃費がわかる

ようなメーターが備わっているものもあるので、それを見ればどのような運転の仕方

がどのように燃費に影響を与えるのかが一目瞭然だと思います。

基本的に、最も燃料を消費するのは車を発進させるときです。アクセルを強く踏み込ん

で車をスタートさせると急激に燃費は悪化します。重い車を動かすにはそれだけ大きな

力が必要だということです。もし燃費の良いスタートをしたいなら、アクセルを強く

踏み込まないことが肝心です。そっと踏み込んで、ゆっくり20秒くらいかけて制限速度

までもっていくように心がけると燃費は非常に良くなります。

また、速度を一定に保つ運転も燃費には効果的です。たとえば時速100キロのような

スピードを出す高速道路でも、スピードを出しているからと言って燃費が悪くなるわけ

ではなく、逆に一定速度を保って運転することによって、ストップアンドゴーが多い

一般道を走行するよりも燃費は大幅にアップします。

コメントは受け付けていません。