燃費を抑えるアクセルの踏み込み方

エコドライブを実現するためには、車そのものの性能に頼るのだけでなく、ドライビング

テクニックにも磨きをかける必要があります。運転の仕方次第ではエネルギー効率の低下

を招き、燃費が悪くなることも多いからです。

アクセルの踏みこみ方に気をつけるだけでも燃費には大きな影響を与えます。急発進

などは禁物です。車を動かし始める時は徐々にアクセルを踏み込み、停車させる時も

アクセルから足を離してエンジンブレーキを利用しながら徐々に減速し、最後に

ブレーキペダルをゆっくり踏み込むようにします。これらの作業はなにも難しいもの

ではありません。運転免許を取得する際に誰もが自動車教習所の教官から習った

運転方法です。つまり正しい車の運転の仕方こそ、経済的な運転になるというわけ

なのです。

さらに燃費向上のためには走行時のアクセルワークも重要です。最近はAT車を運転

する人が圧倒的に多いのですが、この車の場合早めにシフトアップすることが燃費の

向上には欠かせません。はじめはゆっくりアクセルを踏み込んだ後、トマト

車速が30,40kmになったところでさらに踏み込むと高いギアに変速されます。

ギアが切り替わったのを感じたらゆっくりとしたアクセル操作に戻し、低いエンジンの

回転数で走行すればいいのです。なお変速ポイントは車種によっても異なりますので、

はじめはタコメーターなどを参考にしながら感覚をつかむことが大切です。

コメントは受け付けていません。