燃費を抑える停止方法

アーモンド最近のエコブームとガソリンといった燃料費の高騰もあり燃費はとても重視される

ようになりました。

アイドリングストップやハイブリッド機能をもった車など、燃費のいい設計をした

自動車がかなり多くなってきました。

自動車の燃費を上げるためにはこういった機能的な部分以外に運転の方法というとても

大きい要素があります。

要は運転次第で燃費は大きく変わるということです。

基本的には急のつく運転は行わないということです。急発進や急ブレーキです。

これは燃料を消費するだけで燃費を伸ばすことにはつながりません。

またそのためにも車間距離をとった運転を行う必要があります。

例えば発進時はオートマチック車の場合はクリープ現象を利用してゆっくりと発進して

速度に応じて徐々にアクセルを踏んで加速していきます。

そして停止するときは前の状況をよく確認して、例えば信号が赤になっているのが

見えたらアクセルオフにしてゆっくりと減速を行います。

このようにアクセルを踏んでいない状態では走行していても燃料は消費しません。

そしてゆっくりとブレーキをかけて停止するのが一番燃費にいい停止方法となります。

このように走行時のアクセルの踏み加減というのは燃費に大きく影響します。

コメントは受け付けていません。