急停止は燃費にも車体にも負担がかかる

クルマは移動をするときに非常に便利な乗り物です。しかし、ガソリンを燃料として

走っているので当然、走るごとにお金がかかってきます。車種ごとに1リットルで

どれくらいの距離を走ることができるかといった指標があります。これを燃費

といいますが、今の時代は燃費がいい車が重宝されるようです。

軽自動車が比較的燃費がいいですが、のっていくとどうしても燃費は落ちてしまいます。

その理由の一つとして、走行中の急な加速や急な停止が原因だと言われています。

急な動作を行うときには、かならず必要以上のエネルギーが発生するのです。

それによって、クルマ自体に負荷がかかってしまいます。一度くらいなら問題は

ありませんが、何度も繰り返し行うことによって確実に負担は大きくなるでしょう。

そうなったときには、1リットル当たりの走れる距離が縮むことになるのです。

長く乗るためにも、燃費がいい状態を維持するためにも安全運転をこころがけると

いいでしょう。部品の点検や運転の仕方によって、燃費は改善をすることができます。

燃費にかんしても知識を蓄えることによって、今までよりも長距離を快適に走ること

ができるでしょう。寿命を迎えているパーツは積極的に交換しましょう。

コメントは受け付けていません。