急な加減速は燃費が悪い

一般に自動車はガソリンや軽油を燃料とします。そのために自動車を走行させることで

有害な排気ガスを排出することになります。特に最近は環境意識への高まりから、

ドライバーには低燃費運転が求められています。不必要な燃料消費をするような運転は

避ける昼用があります。ではどういった運転では燃費が悪くなるのでしょうか。一つには

急な加減速を繰り返すような運転は無駄な燃料消費に結びつきます。グッとアクセル

をふかし、急にブレーキを踏む、これを繰り返した場合、自動車の速度をグラフにする

とまるで波を描くような曲線を示します。これを波状運転と言います。よく渋滞中に

前方の車との車間距離が一定以上になってから急に発進しすぐに停まるという運転を

繰り返すドライバーを見かけますが、これは燃費効率が悪くなります。渋滞中はやや

長めの車間距離を開けながら、できるだけ停車せずにアクセル開度を一定に保って

ノロノロと走り続ける方が燃費は好転するのです。これは渋滞中に限らず、普通の

運転状況でも言えることです。すなわち急発進急減速はできるだけ避け、静かに

アクセルを踏み込み一定の速度を保つことが燃費の向上につながるのです。

もし加減速が大きな運転をしているようでしたら、ぜひ改善を試みてください。

コメントは受け付けていません。