こまめにアイドリングストップ

自動車の燃費は誰でも気になるところです。特に省エネブームでもあり、

またガソリンといった燃料費が高騰している状況なので少しでも燃費をよくしたいと

考えてしまいます。

燃費は車の性能によって変わりますが、もうひとつ大きな要素が運転の仕方なのです。

運転方法によって燃費は大きく変わります。やはりアクセルを踏み込めばその分

ガソリンを仕様することになるので燃費は悪くなってしまいます。

そのためできるだけスムーズに走行するほうが燃費はよくなります。

また高速道路と街乗りでも燃費は大きく変わってきます。車によっては高速道路なら

リッターあたり15キロ以上走りますが、街乗りになるとリッターあたり10キロ程度に

落ちるなんてこともよくあります。

燃費は燃料の消費量と走行距離なので、ある程度の速度で一定に走ることが出来る

高速道路はとても燃費が伸びるのです。

しかし街乗りでは信号待ちなので停車しているときは燃料は消費していますが、

走行距離はゼロです。

このような状況では燃費は悪くなります。

そのため最近の車にはアイドリングストップという機能がついているものが多く

出てきています。

そのような機能がついていない車の場合は、駐車場等で止めている時はエンジンを

ストップするといいでしょう。

コメントは受け付けていません。